豊富な実績により築かれた、
快適な居住性と信頼の構造とクオリティ

水セメント比

コンクリートは水とセメント、砂利を混合してつくられますが、このセメントの量に対する水の重量比を「水セメント比」といいます。水が多いと施工しやすいですが、コンクリートの中性化、表面劣化、鉄筋の腐食などが進みやすくなってしまいます。「クレヴィア千鳥町」では水セメント比を50%以下に抑え、耐久性を高めています。

※区分所有建物を含む建物の主要構造部分(杭は除く)が対象になります。

コンクリート強度

基本構造の柱、梁、床に使用されるコンクリートは、27N/㎟〜39N/㎟の設計基準強度を持つ高い強度のコンクリートを採用。マンションの寿命や維持管理にも大きく影響します。

※区分所有建物を含む建物の主要構造部分(杭は除く)が対象になります。

コンクリートかぶり厚さ

コンクリートの「かぶり厚さ」は、鉄筋コンクリートの内部で最も外側よりに位置する鉄筋から、コンクリートの表面までの厚さを示す数値です。コンクリートは、空気に触れると中性化が進み鉄筋にサビが発生しやすくなります。そして鉄筋は錆びると膨張するため、内部からコンクリートを破損します。このような建物の劣化を遅らせるため、かぶり厚さの基準を設けています。

ホルムアルデヒドの抑制

壁紙や壁紙張りに使用する接着剤を、JIS・JASの規格で最もホルムアルデヒド発散速度の低いF☆☆☆☆に設定しています。フローリングや収納に使用する合板・パーティクルボードなどの建材もF☆☆☆☆のものを採用。ホルムアルデヒドによるシックハウス症候群の発症防止に配慮しています。またF☆☆☆☆は住宅性能表示での最高等級を取得できる部材です。さらにシックハウスの予防策として、24時間微風量換気システムや換気口の設置により室内の換気が常時できるよう配慮しています。

※低ホルム製品を使用しておりますが、全くホルムアルデヒドを発生しないものではありません。換気を行うようにお願いいたします。※μg(マイクログラム):100万分の1gの重さ。放散速度1μg/㎡hは建材1㎡につき、1時間当たり1μgの化学物質が発散されることを示します。※対象化学物質は、建築基準法施行令第20条の5で定められた化学物質ホルムアルデヒドとクロルピリホスが対象となります。なお厚生労働省の定めた13物質(ホルムアルデヒドとクロルピリホスは除く)は対象外です。

24時間換気システム

浴室換気暖房乾燥機により、住戸内の空気を24時間・微風量で換気します。

ペアガラス

2枚の板ガラスの間に乾燥した空気を封入したペアガラスを住戸の窓全てに採用し、熱を伝わりにくくしています。ガラスとガラスの間の中空層が断熱性をもち、室内外からの熱貫流を遮るため、省エネルギー性と保温性を発揮します。冬の寒い朝など、室外側のガラスが冷えても中空層の断熱効果によって室内側のガラス表面の温度が下がりにくいため、結露しにくくなります。

排気音を軽減する
パイプスペース内の「遮音対策」

パイプスペースの排水竪管はグラスウールの上に遮音シート巻きとするなど、生活排水などに対する音にもきめ細やかな配慮を行っています。(エアコン用排水竪管を除く)

戸境壁

隣接住戸との間の戸境壁は、コンクリート厚約220mm以上を確保。 

二重天井構造

住戸内の配管類を専有部分の床コンクリートに打ち込まないため、リフォームやメンテナンスを比較的容易に行うことができます。

外壁

外壁はコンクリート厚が約150㎜以上(ALC部は約100㎜)。さらに、外壁の内側に硬質発砲ウレタンフォームを吹き付けることで断熱性を向上させました。

※一部、折り返し部分に硬質ウレタンフォーム保温版を採用しています。

ダブル配筋

壁の配筋は、格子状に組んだ鉄筋を2重に組むダブル配筋を採用しています。シングル配筋と比べてひび割れにくい仕様になっています。 (一部除く)

地盤調査

末永く安心してお暮らしいただくために、建設前に地盤調査を行います。その調査結果に基づき、地盤の状況に適した基礎の工法を選択しております。

杭基礎構造

地盤調査に基づいて、支持層(強固な地盤)を確認、住棟には、その支持層まで合計26本の現場造成杭を打設しています。


住宅性能評価

国土交通大臣指定の第三者機関が審査し発行する「設計住宅性能評価書」「建設住宅性能評価書」を完成時に取得予定です。

設計からお引渡しまで、品質管理されたクレヴィアのクオリティフロー。

※掲載の室内写真はモデルルーム(Dタイプ・メニュープラン)を撮影(平成28年6月)したものに一部CG加工を施したものです。家具・植栽・調度品・造作家具等は販売価格には含まれておりません。また一部、カスタムオーダーメイド(一部有償)が含まれております。カスタムオーダーメイドについてはお申し込み期限があります。詳しくは係員にお問い合わせください。